美肌の法則 これであなたも7倍キレイになる
毛穴のつまり(角栓)消滅のための正しい化粧水のつけ方
角栓消滅! 正しい化粧水のつけ方
1.化粧水を手のひらに100円玉大の量を取り出し、両方の手のひら、指先まで全体にひろげます。


2.手のひらのローションを額、両頬、アゴなど広い部分にやさしくおさえるような感じでつけます。一箇所を優しく手でおさえたら1、2、3と数えて次の場所へと位置を変えてじっくり、ゆっくりとつけていきます。

パッティングは、肌を痛め「赤ら顔」の原因につながりますのでしないように気をつけます

コットンの使用は皮膚に無数の傷をつけ、毎日の積み重ねでシミなどの要因になるので使わないようにします。


3.次に指先に残ったローションを目のまわり、唇、口のまわりなど細かい部分に優しくおさえるようにつけます。皮膚を伸ばしたり、引っ張ったりしないようにしましょう。

この部分は皮膚が薄いところでシミになりやすいので、横滑りするようなつけ方はしないようにします。

伸ばしたり、引っ張ったりするとシワが深くなってしまいますので、必ず顔に置くような気持ちでつけます。


4.顔についたローションが乾ききらないうちに、頬に手がくっつくくらいシットリするまでくり返しつけます。
(脂性・普通肌で5〜6回、乾燥・混合肌で6〜8回が目安です)

この回数をつける前にシットリ、ベッタリなってしまう化粧水は保湿成分が多すぎ、肝心な保水ケアができません。水分のバランスが取れる保水力のある化粧水にチェンジしましょう。そうしないと皮膚が柔和にならないので、角栓を消滅させることはできないです。


5.頬に手を当てて離すときにパシッと音がなれば水分が入った合図です。


6.全体に化粧水が行き渡ったら、さらに少量手のひらに化粧水を取り出し指先につけて、角栓の気になる箇所にもう一度、トントンと肌の上に指をのせる要領で場所を少しずつずらしながら細かくつけていきます。


7.細胞賦活作用、細胞活性作用(ビタミンA油、アラントインなどの入った)のあるベタつかないサッパリとしたクリームで保湿しましょう。

油分の多いクリームは角栓をどんどん増やしてしまうので、油分が少ないベタつかない保湿剤を使うことが大切です。


この方法とシャレコスキンケアでお手入れすれば、早い人で2ヶ月〜半年でイヤーな角栓も消滅しちゃいますよ!



シャレコスキンケアブックプレゼント あなたの肌トラブルの原因がみつかります





Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】


シャレコの社会貢献「ハートフルアクション」