美肌の法則 これであなたも7倍キレイになる

お客様の声
お客様からのメッセージ
?お客様からのメッセージ?
★この間メイクを教えてもらったとき、帰り道になんだかちょっと白くて浮いているんじゃないかなーって思ったけれど、家に帰ってみんなに「なんか雰囲気違う」って言われて鏡をみたらすごく肌がきれいに見えて透明感がありました。ありがとうございました。Y.Fさん

お客様からのメッセージ


キレイな肌になれる!一般的なファンデーションの選び方
ファンデーションの色の選び方は?

ファンデーションの色を見るときに、よく手の甲に試して色あわせしているシーンを見かけますが、顔と手の甲では肌の色が違いますよね。

そこで、ファンデーションを選ぶ時は肌の色がいちばんわかりやすい耳の下からアゴにかけてのフェイスラインに伸ばして確認します。(首とフェイスラインとの差が目立たないようにするためです)

まず、一般的に言われている色の選び方は

◆色白  ピンク
◆色黒  オークル
◆中間  ナチュラル

となりますよね。

でも、このとおり選んでさて大丈夫かというと、そうではないようですよ!


色白の人の場合
ピンク系を選んでしまうと時間が経つにつれて、ファンデーションの色が浮き出た感じになってしまいます。
薄いベージュを選ぶことによって、1日すっきりした顔でいられます。


少し色が黒い人の場合
オークルだけでは、時間が経つとくすんだ感じになり、午後からは疲れたような肌に見えてしまいますよね?!
オークル一色で使わず、うすくオークルをつけてからピンクを上に重ねるとどんよりとなってしまわずに済みます。


顔色が黄色味が強い人の場合
ピンクはおすすめです。健康的な肌色に見えますので、オークルを選ぶよりも一段と明るい表情に見えます。


中間色の肌色の人の場合
ナチュラルカラーで大丈夫ですが、やはり時間の経過とともに皮脂が分泌されて、その皮脂とファンデーションの油分が混ざり、肌の色が濃く見えてくる感じがしますので、ピンクもしくは薄いベージュ色を化粧直しに使うといいでしょう。



時間の経過と共に明度が落ちていっていることは、自分ではなかなか気づきにくいものですので、この情報をこれからのファンデーション選びの選択肢にも加えて、是非一度試してみてくださいね。


これで、見た目で5歳は若返っちゃいますよぉ。



店長
濃い目のファンデーションをつけていると、年々濃くなってしまいます。
なぜなら顔のくすみがどんどん増しているのに気づいていないからです。お手入れもちゃんと変えて、メイク品を変えれば顔のくすみはなくなりますよー!顔のくすみ解消法はコチラ







Loading...


乾燥肌・敏感肌…。5つの衝撃的な原因を教えます!!シャレコで魅力肌、スキンケアブックを無料でプレゼント

【肌トラブル別メール講座 ニキビ しみ 敏感・敏感肌 キレイ度アップ】


シャレコの社会貢献「ハートフルアクション」