美肌の法則 これであなたも7倍キレイになる

ヒアルロン酸入り化粧品を使っているから
大丈夫だと安心していませんか?

お客様の声
お客様からのメッセージ
★しゃれこさま。ヒアルロン酸入りの化粧水だからいい!とは限らないよって言われて、最初は何変なこと言ってんだろって思ったけど、つけてすぐシットリすればいいってもんじゃないという意味がよくわかりました。毛穴の黒ずみも減ってきました。
H.Nさん

お客様からのメッセージ


本当にヒアルロン酸だけでいいの?
ヒアルロン酸を補うことは大切ですが・・・

よく耳にする成分名のヒアルロン酸
あなたも気にしてヒアルロン酸入りの化粧品を探して使っていますか?



ヒアルロン酸が少なくなると、肌はどんどんダウンする!


肌には角質層、基底層、真皮層という構造がありますが、この中で一番大切な真皮層に多く含まれているのがヒアルロン酸です。


ところが、洗浄力の強い洗顔料や強力なメイク落とし(オイルタイプなど)をずっと使い続けていると、皮膚の表面のバリア機能が壊れてしまい、めくれあがっている部分から、大切なこの肌の潤い成分(ヒアルロン酸、セラミドなどのNMF成分)が抜け出してしまいます。


すると、肌がカサカサ、ボロボロになります。ハリもなくなり、しょぼしょぼなたるみ肌になってきます。さらに、だんだんと何をつけてもダメな敏感、過敏、トラブル肌へと進んでいってしまいます。


また、年を重ねるごとにヒアルロン酸が体の中から作られる量も減ってくると言われていて、ダブルパンチです。


そこで、ヒアルロン酸を補うことが大切になります。



なぜならヒアルロン酸はたった1gで6リットルの水分を保持するからです。


赤ちゃんの肌はプリップリですよね。そう、ヒアルロン酸をたっぷり肌の中でキープできているからです。


よくコラーゲンやビタミンCを補給しているから大丈夫!と言って一生懸命お手入れしている人の肌がカサカサだったりすることがあります。


それはまさにヒアルロン酸不足と言ってもいいでしょう!


じゃあただヒアルロン酸の純度が高いものだけつけていれば大丈夫かというと残念ながらバツです。


お肌の水分を保つ天然のうるおい成分NMF(天然保湿因子)は、約40%が「アミノ酸」からできています。これを見逃してはいけません!


ヒアルロン酸入りの化粧品を使っても、時間が経つと乾燥を感じたり、ずっと使っているのに本当に肌が調子よくなっているかわからないのはそこが抜けているからです。


よくあるパターンが化粧水にヒアルロン酸がタップリというケース。
すごく潤いを感じるので、1回つけてハイ終わりってなってしまうことがあります。
失敗しない化粧水のつけ方


これが慢性の水分不足に拍車をかけることに・・・。その安心が思わぬ肌トラブルを引き起こすことにもつながります。


そこで、
ヒアルロン酸+アミノ酸
この発想こそが、肌の潤いに欠かせない条件なのです。


ヒアルロン酸で水分(浸透力の高い保水性のある化粧水)をガッチリキープして離さないことと、アミノ酸を補いバランスを取ることで肌の水分値はみるみるアップしてきます。




シャレコはその基本的な考えを形に

店長
シャレコローションには保水性のあるもの、シャレコエッセンスにはヒアルロン酸+アミノ酸、おまけにセラミド、コラーゲンを加えダブルの実力で、お肌の潤い度80%を実現しています!







Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】