美肌の法則 これであなたも7倍キレイになる

とっても大切な洗顔の役割について

お客様の声
お客様からのメッセージ
★私の肌のガサガサの原因はもしかして石鹸洗顔のしすぎだったのかも知れません。石鹸の方がいいって本に書いてあったから使い続けていました。もともと皮膚が薄くて、赤かったのがどんどん赤くなっていました。M.Tさん

お客様からのメッセージ


洗顔について

どうして洗顔が重要なのかよ〜く読んでください
最近ではどの化粧品メーカーも「洗顔」の重要性を説いていますよね。
あなたはどうして「洗顔」が大切だかわかりますか?


洗顔の役割について
皮膚のサイクルはよくご存知だと思いますが、一般的には28日〜30日周期と言われますが、これは年齢が比較的若い時期をさしていて、だいたい4週間〜6週間だと専門家の見解であります。

(これは、どの美容雑誌やインターネットの美容情報でも「前置き」としてくる話です。)

この皮膚のサイクルである1ヶ月〜1ヶ月半で、肌は絶えず生まれ変わっていて、古くなったいらない角質(つまり垢)を適度に落としていくことが、次の皮膚が健やかに出てくるために必要なことなのです。


「適度に落とすこと」がうまくいかないと…
◆顔が全体的にくすむ
◆シミができ始める(シミの解消法シミとソバカスの種類・お手入れ法)
◆顔の皮膚がかたくなる
◆深いシワになる(しわの解消法)
◆いつまで経ってもニキビ跡がなくならない(にきび・ニキビ跡の解消法
こんなトラブルになってしまうのです。


こういうケースがありました!

「洗顔料にカブレて怖い思いをしてから、数回しか石鹸を使って洗ったことがないんですよ!」というケースです。私も、洗顔料でカブレた経験があるので、その気持ち痛いほどわかりました。

でも、ちょっとビックリしてしまいました。肌が実年齢よりも、かなり進んでいらっしゃったんです。残念ながら、見た目で10歳以上の違いです。



皮膚の汚れを適度に落とせないと、次の皮膚が健やかに出てこないだけでなく、逆に肌の老化を促進させてしまうんですね。


肌に合う洗顔料の選び方をご案内しました。そして、洗い方も気をつけて洗うようにしたところ、だんだんと「顔全体のくすみ」が取れてきました。

最初は、顔の皮膚がかたくなっているため、手持ちの化粧水をつけても肌の上ではじいてしまい、2回以上つけようとしてもなかなか入っていかなかったのです。

そこで、皮膚のさまざまな代謝の活性化を促すシャレコローションをつけるようにして、2週間くらいでだんだんと肌が水分を吸収するようになってきて、そして1ヶ月くらいで、かたくなっていた皮膚が柔らかな感触に変わってきました。


このように、「洗顔」は肌年齢とも大きく関わりがあります。

「適度に落とせない」で、できてしまうトラブル以外に、こんなトラブルも「洗顔料」の選び方を間違えると起こってしまうのです。

それは…


洗顔料について・その1

1.乾燥⇒シワ・小じわ⇒シミ・くすみになるケース
洗顔料にはいろいろなタイプがあります。「洗顔」が大切だからと、肌がもともと弱い人が「石けん」を使って洗うお手入れに突然切り替えてしまうと、たちまち乾燥肌がひどくなって、化粧水がしみてオイルやジェル以外のものが、何もつけられなくなったりします。

弱い肌でない人でも長期間使い続けると同じようになります。
「乾燥=シワ・小じわ」ですね。

そして、化粧水などで水分の補給が行えないので、肌が自然にかたくなってきてしまいます。ひどくなると、ワセリンなどを塗らなくてはならなくなり、今度は「シミ」「くすみ」原因にもなってしまうのです。 


2.ニキビ⇒慢性ニキビ⇒ニキビ跡の色素沈着になるケース(にきび・ニキビ跡の解消法
どちらかというと脂性でニキビができやすいのに「弱酸性の洗顔料」を使っていて、ニキビが減らないで困っているというケースもとても多くあります。

このタイプの洗顔料は、洗った後のしっとり感を与えるために油分や保湿剤が多く含まれています。そして、洗浄力もマイルドになっています。

ニキビは自分の皮脂やメイクなどの油分、そして、洗顔料の油分が顔に残っていると、雑菌などが付着して悪化させてしまうので、ニキビがなかなか減らなくなってしまうのです。(水と油だとどっちがホコリがいっぱいつくかというと、油ですよね。)

さらに、皮膚の表面に残る目に見えない油分は、過酸化脂質になってしまい、老化を促進させてしまうんですよ。そうなると、ニキビ跡もよくなりません。

「あー 、もしかしてこれ私のことかも?」という人は、早く対処すればするだけ、トラブルを予防・解消できますよ。
と思いますよね・・・


洗顔料の選び方
店長
あなたの肌の悩みに合う洗顔料の選び方は「肌トラブル解消法」参考にしてください。





Loading...


【無料冊子プレゼント】


【メールでお届け!肌トラブル別シャレコメールレター】
【肌トラブル別メールニュース購読】